ホンダ、パナが電動二輪車向け蓄電池シェア インドネシアで実験

ホンダの電動スクーター「PCXエレクトリック」。座席の下に蓄電池のパックを装着して走る
ホンダの電動スクーター「PCXエレクトリック」。座席の下に蓄電池のパックを装着して走る【拡大】

 ホンダとパナソニックは13日、インドネシアで12月から、電動二輪車を使用した着脱式蓄電池のシェアサービスを実験的に始めると発表した。リースで電動二輪車を貸し出し、利用者は電池の残量が少なくなると最寄りの充電ステーションに行って充電済みの電池と交換する仕組み。環境性能に優れる電動二輪車だが、フル充電で走行できる航続距離や充電時間に課題があり、こうしたサービスで解決できるかを検証する。

 インドネシアの西ジャワ州バンドン市などに数十カ所の充電ステーションを設置。有料でホンダの電動スクーター「PCXエレクトリック」300台程度を貸し出してサービスを行う。

 パナソニック製のリチウムイオン電池のパック約1000個が充電ステーションを介して、複数の車両にシェアされることになる。

 1台につき走行には2個のパックを使用する一方、1つの充電ステーションで8個まで充電できる。パックは家庭で家電などにも使用できるという。

 インドネシアの二輪市場は世界3位の規模だが、交通量の増大で大気汚染などの問題を抱える。このため政府は電動車両の普及を進める方針だが、充電に時間がかかることなどが普及へのハードルとなっている。

 詳細は今後詰めるが、両社は本格サービスへの移行も視野に入れる。ホンダ関係者は「こうしたサービスの可能性を検証する。結果次第でインドネシア以外にも広げていきたい」と話している。