【トップは語る】UDトラックス 日本で大型トラックのシェア25%目指す (2/2ページ)


【拡大】

 --主力の大型トラックで目指す市場シェアは

 「17年は日本の大型トラック市場で19%のシェアを獲得し、16年の17%から2ポイント増えた。日本の商用車メーカーの中で1番大きな伸びだ。車両の品質、燃費性能のほか、サービスも高度化し顧客の信頼を獲得してきた結果だ。中長期的にはシェアを25%に引き上げたい。さらに海外市場への展開も重視し、アジアや中南米などで存在感を高めたい。世界の都市部で貨物輸送量が増える中、運転手の高齢化や人手不足に直面する運送事業者を支援する『輸送ソリューションのリーダー』を目指す」

                  ◇

【プロフィル】ヨアキム・ローゼンバーグ

 スウェーデンのヨーテボリ大修士課程修了。1996年米マッキンゼー・アンド・カンパニー入社。2005年にボルボグループ入社後、パワートレイン部門や販売部門の統括責任者など歴任。16年3月からUDトラックス会長。スウェーデン出身。