券売機から預金引き出し カード使わずスマホで 東急電鉄、来春サービス開始

券売機とスマートフォンを活用した預金引き出しサービスのイメージ=13日、東京都渋谷区
券売機とスマートフォンを活用した預金引き出しサービスのイメージ=13日、東京都渋谷区【拡大】

 東京急行電鉄は13日、スマートフォンを活用して駅の券売機から銀行預金を引き出すことができる日本初のサービスを、来年春から開始すると発表した。

 横浜銀行とGMOペイメントゲートウェイが開発した、銀行口座と連動するスマートフォン決済サービス技術を活用。東急線沿線の各駅の券売機で、横浜銀行とゆうちょ銀行の預金の引き出しを可能とする。

 具体的には、スマホの専用アプリに現金引き出し額を入力するとQRコードを表示。コードを券売機の読み取り機にかざすと、キャッシュカードを使わずにATM(現金自動預払機)と同様に出金できるようにする。

 利用上限額などは今年度中に行う実証試験を踏まえて決定する。手数料については、コンビニATMに比べて割高感が生じないようにする計画だ。

 また、他の金融機関への拡大や東急線沿線以外でのサービス提供についても、検討を進めていく。

 今回のサービスは東急電鉄の社内起業家育成制度を活用し開発された。