被災地の特産品をアマゾンが支援

 アマゾンジャパンは13日、日本全国の農産物や地域特産品を販売する「Nipponストア」を強化する方針を発表した。16日から始める有料会員向け特売イベント「プライムデー」で、震災被災地の福島県や熊本県に焦点を当て、特産品の割引販売や観光地案内などを行う。

 Nipponストアは、ご当地グルメやスイーツ、工芸品などを扱っており、地域の生産者には直接出品し販路を広げられるメリットがある。

 東京都内で記者会見した福島県の鈴木正晃副知事はアマゾンとの連携に「県内の中小事業者がどんどん参画している。風評の問題などあるが、着実に復興を進める」と話した。

 また、西日本豪雨の影響について、アマゾンの●川謙プライム統括事業本部長は配送に遅れが出ているとして「お客さまとの約束は大事。サイトに到着日などを丁寧に表示する」と説明した。

●=糸へんに粋のつくり