【CMウオッチャー】仲良し“兄妹”の玉木宏さんと木村文乃さんが「魔法」で部屋を自由に (1/2ページ)

大東建託のDKSELECT「妹は魔法使いタヒチ」編で、謎めいた笑顔を浮かべる木村文乃さん
大東建託のDKSELECT「妹は魔法使いタヒチ」編で、謎めいた笑顔を浮かべる木村文乃さん【拡大】

  • 大東建託のDKSELECT「妹は魔法使いタヒチ」編のCM
  • 大東建託のDKSELECT「妹は魔法使いタヒチ」編の一場面。出張に行くという兄の玉木宏さんを玄関先で見送る妹の木村文乃さん
  • 大東建託のDKSELECT「妹は魔法使いタヒチ」編で、南国風のインテリアに上機嫌の玉木宏さん

 大東建託が手がける賃貸マンション・アパート向け商品「DK SELECT(セレクト)」のテレビCMが独特の世界観を醸し出している。仲良し兄妹にふんした玉木宏さん(38)と木村文乃さん(30)が表現するのは、商品特徴の「部屋を自由に変えられる」驚きと楽しさだ。

 「今度はどこに行くの?」。玄関で飼い猫「ニコ」の世話を任された妹役の木村さんに尋ねられた兄役の玉木さんは「うーん、タヒチかな」と答える。

 そんなやりとりで始まるのがDKセレクトのCMシリーズ「妹は魔法使い」のタヒチ編(15秒、30秒バージョン)だ。

 同シリーズは映画監督の行定勲氏が監修。1作目のパリ編では、兄がパリ出張に出ている間に妹がインテリアをパリ風に模様替えしてしまうが、兄はそれを気に入るというストーリー。

 兄の借りているDKセレクトの部屋は、間仕切りを動かして間取りを変更できるのが特徴。妹はその特徴を生かして「いたずら」したのだが、兄は「な、な、な、なんて自由な賃貸なんだ」の決めぜりふで、DKセレクトをアピールする。

 パリ編での妹の“活躍”を受け、兄が妹に留守を頼めば、模様替えしてもらえるとの期待から“偽の出張”に出かけるのが今回のタヒチ編。DKセレクトの「セレクトフック」という機能を使い、ハンモックを室内につるなどして南国風の室内を喜ぶ兄の玉木さんの姿が楽しめる。

テレビCMでは明かされていない裏ストーリー