【家電Watch】ツインバード、収穫したての新潟の枝豆を全国配送

フードスチーマーと枝豆「湯あがり娘」
フードスチーマーと枝豆「湯あがり娘」【拡大】

 ■地元の良さ広める

 ツインバード工業は、収穫したての枝豆を全国に届ける“枝豆プロジェクト”を開始した。新潟県内で栽培された「湯あがり娘」「新潟茶豆」「黒埼茶豆」「晩酌茶豆」「肴(さかな)豆」の5つの品種を取り扱う。価格は、11日まで注文を受け付けた「湯あがり娘」(15日以降発送)の場合で1キログラムが3280円、2キログラムが4980円(送料・税込み)。北海道と九州は400円、沖縄県は1200円の追加送料がかかる。オンラインショップ「ツインバード・ストア」で購入可能。

 ツインバードが本社を構える新潟県で育てられた枝豆に着目しプロジェクトを発案した。家電製品だけでなく、「新潟の良いところを届けたい」という思いから始まったとしている。新潟県は、作付面積日本一の“枝豆王国”で、種類も豊富だという。

 豊潤な香りと甘みで人気の「湯あがり娘」や、知的財産として産地や味がGI(地理的表示)登録された「黒埼茶豆」などの各農家が一番おいしいと判断した時期の朝採れ枝豆が届けられる。

 一般的に、枝豆の収穫時期は暑い夏で、収穫と同時に鮮度が落ち始める。今回のプロジェクトでは、収穫してすぐにクール便で配送される。収穫は天候に左右されるため、到着日の指定はできない。それぞれの枝豆の注文可能時期および発送予定はショップサイトの「枝豆販売カレンダー」で確認できる。

 既に、「湯あがり娘」は注文の受け付けが終了した。その他の品種の注文可能時期と発送予定は7月中旬~9月下旬を予定している。

 また、同社の家電製品とのセット販売も行う。フードスチーマーと「湯あがり娘」(2キログラム)のセットで1万880円、ハンディブレンダーと「湯あがり娘」(同)のセットで1万1880円(いずれも送料・税込み)。ツインバード・ストアでは、ハンディブレンダーを使った「ずんだシェイク」のレシピなども公開している。(インプレスウオッチ)