自動車輸入組合理事長、2年連続の30万台超え狙う 下期も堅調

 日本自動車輸入組合の上野金太郎理事長(メルセデス・ベンツ日本社長)は19日の定例会見で、外国メーカー車(四輪)の新車販売台数について、平成30年下期(7~12月)は「引き続き堅調に推移するだろう」と述べ、通年で昨年同様30万台の大台に乗るとの見通しを示した。今年上期(1~6月)の実績は前年同期比0.5%増の15万1803台だった。