トロリー廃止の「立山黒部アルペンルート」 電気バス公開、来春導入

立山黒部アルペンルートの関電トンネルで来春から運行される電気バス。奥は現在運行中のトロリーバス=23日午前、長野県大町市
立山黒部アルペンルートの関電トンネルで来春から運行される電気バス。奥は現在運行中のトロリーバス=23日午前、長野県大町市【拡大】

 関西電力は23日、長野と富山を結ぶ観光路「立山黒部アルペンルート」の関電トンネルで運行するトロリーバス(愛称トロバス)が11月30日の運行を最後に廃止されるのに伴い、代わって来年4月中旬に新たに導入する電気バスを、トロバスの扇沢駅(長野県大町市)で報道陣に公開した。

 電気バスは全長約11メートル、全高約3.5メートルでトロバスとほぼ同じ。トロバスは電源に架線を使ったが、電気バスは車載バッテリーで走る。1回の充電で約30キロ走行する。トロバスにあった乗車口の段差をなくし、バリアフリーに配慮した。定員80人、座席数32。

 電気バスもトロバスと同じ扇沢駅-黒部ダム駅(富山県立山町)の約6.1キロを結ぶ。昭和39年に運行開始したトロバスは親しまれたが、コスト削減などを理由に廃止。廃止後は来年4月中旬の電気バス導入まで例年同様に営業を休止する。