トヨタ社長、米殿堂入り祖父と“対話”

豊田章男社長が本人と喜一郎氏の一人二役で出演する動画
豊田章男社長が本人と喜一郎氏の一人二役で出演する動画【拡大】

 トヨタ自動車は23日、創業者の豊田喜一郎氏が米国自動車殿堂入りしたことを記念し、孫の豊田章男社長が本人と喜一郎氏の一人二役で出演する動画をインターネット上に公開した。喜一郎氏の起業家精神に立ち返り、トランプ米政権が「米国第一主義」を掲げる中で、トヨタが米国の従業員や消費者に支えられている要素を盛り込んだ。

 豊田社長が1950年にタイムスリップし、自身がふんした喜一郎氏にインタビューする内容。喜一郎氏は「トヨタ車が米国で造られることになるとは想像しなかった。米国の従業員や仕入れ先、消費者に感謝したい」と述べている。せりふや構成は豊田社長が自ら手掛けたという。動画は会員制交流サイト(SNS)のフェイスブックに開設しているトヨタ自動車社長室のページから閲覧できる。