グーグル、5年内に新スマホOS アンドロイドから「フクシア」に切り替えを検討 (1/2ページ)

米グーグルの本社ビル前にあるモバイル端末用基本ソフト(OS)「アンドロイド」のマスコット=米カリフォルニア州マウンテンビュー(ブルームバーグ)
米グーグルの本社ビル前にあるモバイル端末用基本ソフト(OS)「アンドロイド」のマスコット=米カリフォルニア州マウンテンビュー(ブルームバーグ)【拡大】

 米IT大手グーグルが主力のモバイル端末用基本ソフト(OS)「アンドロイド」を今後5年以内に開発中の第3のOS「フクシア」に切り替えることを検討していることが、分かった。グーグルはノート型パソコン(PC)やスマートスピーカーといった自社の消費者向けデバイス全てのOSを一元化できるフクシアを導入することで、スマートフォン市場における最大のライバル、アップルとの競争に勝ち抜く考えだ。

 全デバイスに対応

 フクシアは、アンドロイドの限界を克服するためにゼロから立ち上げられたプロジェクト。音声対話システムの性能やセキュリティーの更新頻度を向上させ、ノート型PCから小型のネット接続センサーまで端末の違いを問わず、同じように見えるのが特徴だ。関係者によると、開発プロジェクトチームはフクシアをスマートスピーカーなどインターネットに接続された家庭用機器に3年以内に搭載し、その後ノート型PCなどの機器に組み込むことを目指しているという。

 グーグルのピチャイ最高経営責任者(CEO)は、あらゆる分野で人工知能(AI)サービスを消費者に浸透させることを目標としている。しかし、同社の現行のOSはそれに対応しきれていない。このため、主力OSをフクシアに切り替える考えだ。

 スマホ市場でアンドロイドを搭載したスマホのシェアは約85%。アップルのスマホ「iPhone(アイフォーン)」の15%に比べると圧勝しているが、アップルのOSはパフォーマンスやプライバシー、セキュリティー、そしてアップルの端末全体のインテグレーションといった分野で優位に立つ。さらに、システムの更新頻度はアップルの大きな強みで、根強いファンがいるのもこのためだ。

続きを読む