EC商品を自動撮影 高品質、画像編集も簡単 オービットブイユージャパン・鳴海社長に聞く (2/3ページ)

オービットブイユージャパンの鳴海千尋社長
オービットブイユージャパンの鳴海千尋社長【拡大】

 --編集作業も簡単という

 「ECサイトに商品を掲載するには背景を切り抜きしなければならず、特に透明なプラスチックやガラス製の商品を輪郭に沿って処理するには大変な労力が必要だった。リサイズや背景の変更も可能だ。こうした撮影後の編集作業が専用ソフトで繊細なレベルまで補正できるので手間もコストもかからない。人の手を使うと10~20分かかる切り抜き作業はわずか4秒で終わる」

 --ECビジネスの課題が解決できる

 「商品画像がなければECサイトに掲載できないが、プロカメラマンに撮影を頼み、編集作業は専任者に任せるようではサイト掲載に1週間もかかってしまう。アルファシリーズを使えば10分ぐらいで載せられる。ECビジネスは『早い物勝ち』の世界でもあり、商品撮影から掲載までのタイムロスを生じさせないので販売機会もそれだけ多くなる。一連の工程の自動化、素人でもプロ並みの撮影が可能になるので時短、コスト削減、働き方改革、人材不足を一挙に解決できる」

 --勝算は

 「このフォトオートメーション事業は昨年度まで、グループ会社のアポロクリエイトが米ベンチャー、オートリーの『フォトシミリ』で展開、400社を超える販売実績を残している。売り上げも昨年度は3億6000万円と前年度より1億円増加した。しかし、それ以上の上乗せには限界を感じたことからオービットブイユーに切り替えた。初年度となる今年度は6億円、3年後には10億円の売り上げを目指す」

今後の展開は