NTT、海外戦略担う中間持ち株会社を設立へ


【拡大】

 NTTは7日、海外市場でのITサービス強化に向け、海外事業戦略を担う中間持ち株会社を今秋までに設立すると発表した。新会社は持ち株会社のNTTの傘下に入り、NTTデータなどIT関連企業5社を統括する。NTTグループの大規模再編は平成11年以来19年ぶりで、国内事業が頭打ちとなる中、世界規模の総合IT企業を目指す。

 中間持ち株会社「NTT」の傘下には、NTTコミュニケーションズやNTTデータなど国内外に本社を置く5社が入る。今秋、米国に設立するベンチャー向け投資ファンドも新会社の傘下に入る予定。

 澤田純社長は7日の記者会見で「収益構造を強化するため、『ワンNTT』の体制を海外に向けて取りたい」と述べた。中間持ち株会社の社長は澤田氏が兼務し、傘下企業の社長が役員に就任する。海外市場に精通した外国人も役員に起用する方針だ。

 一方、同日発表したNTTの平成30年4~6月期連結決算は、売上高に相当する営業収益が前年同期比1.6%増の2兆8527億円、営業利益が2.4%増の5372億円でいずれも4~6月期として過去最高を更新した。