ヤマハ発 中間決算は最終減益 米中貿易戦争の余波も響く

中間決算を発表するヤマハ発動機の日高祥博社長=8日、東京都千代田区
中間決算を発表するヤマハ発動機の日高祥博社長=8日、東京都千代田区【拡大】

 ヤマハ発動機が8日発表した平成30年6月中間連結決算によると、最終利益は前年同期比6・3%減の569億円となった。売上高は2・8%増の8513億円。主力の二輪車販売が順調に推移したが、新興国通貨安による為替差損や原材料費の上昇が利益を圧迫した。ヤマハは米中貿易戦争の余波も指摘しており、影響の拡大が懸念されている。