オリンパス4~6月期 粉飾和解金響き166億円最終赤字

 オリンパスが7日発表した2018年4~6月期連結決算は、最終損益が166億円の赤字となった。過去の粉飾決算に絡み、同社に対し損害賠償請求の訴訟を起こしていた三菱UFJ信託銀行など信託銀6行に支払う和解金190億円や、中国のデジカメ生産子会社の操業停止に伴う費用50億円の計上が響いた。前年同期は100億円の黒字だった。

 売上高は前年同期比5.1%増の1805億円。主力の内視鏡など医療事業が堅調だった。4~6月期の最終損失計上を受け、19年3月期の最終利益予想を590億円から400億円に下方修正した。売上高予想は8000億円で据え置いた。

 またオリンパスは、中国のデジカメ子会社によるコンサルタント契約をめぐる訴訟で、地元裁判所から約34億円の損害賠償の支払いを命じられたと公表。同社は控訴する方針だが、賠償金とほぼ同額を4~6月期に計上した。