電通、純粋持ち株会社へ 20年めど、法令順守強化

電通本社ビル=東京都港区
電通本社ビル=東京都港区【拡大】

 電通は9日、親会社として子会社の株式を保有しグループ経営を主導する「純粋持ち株会社」の体制へ平成32年1月をめどに移行する検討を始めると発表した。31年3月下旬に予定する株主総会での承認を目指す。純粋持ち株会社の傘下に分離後の事業会社などを置く。事業部門に権限を移し、適正な統治の仕組みを確立することで、組織の一体性と法令順守を強化する狙いだ。