AI技術者、「東大お膝元」で交流 ソフトバンク系、起業支援の施設開設

ディープコアの開設したAI技術者と企業が多様に交流する施設「カーネル本郷」=8日、東京都文京区
ディープコアの開設したAI技術者と企業が多様に交流する施設「カーネル本郷」=8日、東京都文京区【拡大】

 ソフトバンクグループ傘下で人工知能(AI)に関する起業家を育成・支援する「ディープコア」は8日、AI技術者とAIを活用したい企業が実験を行うなどさまざまな交流をすることができる施設「KERNEL HONGO(カーネル本郷)」(東京都文京区)を開設した。

 同社は、東京大が近くにあり、同大出身者らがAI関連スタートアップ企業を多く立ち上げている場所として本郷に注目した。

 カーネル本郷は、AI技術者を中心に100人がメンバーとして参加しており、企業や研究機関との共同実験ができるコンピューターなどの設備も完備している。

 同社は今後、関西や九州の大学周辺などで同様の施設を開設する方針だ。