スルガ銀、「シェアハウス向け融資」で不良債権4.6倍に 6月末時点

スルガ銀行東京支店が入るビル=東京都中央区
スルガ銀行東京支店が入るビル=東京都中央区【拡大】

 スルガ銀行は9日、今年6月末の不良債権額が前年同期の4.6倍の1356億円となったと発表した。取引先のシェアハウス業者が破綻し、投資用不動産向け融資が焦げ付く恐れが強まった。これに伴って不良債権処理費用が急増し、同日発表した2018年4~6月期連結決算の最終利益は前年同期比70.5%減の31億円と大幅に落ち込んだ。現在もシェアハウス向け融資の精査を進めており、今後も貸倒引当金の積み増しにより業績下方修正の可能性があるとしている。

 スルガ銀行は中古アパートへの投資などでもずさんな融資をしていた疑いが発覚し、いったん発表した18年3月期決算を6月に下方修正した。不良債権額を修正後の今年3月末と比べても9割近く増加。不良債権比率は昨年6月末が0.89%、今年3月末は2.20%だったが、今年6月末は4.27%に達した。

 4~6月の個人ローン実行額は162億円で、前年同期から8割以上減少。スルガ銀は個人向け融資に注力してきたが、シェアハウスをめぐるずさん融資問題を受け、審査基準を厳しくした影響とみられる。

 今回は19年3月期の連結業績予想を据え置いた一方で「引当金をさらに積み増す場合は業績修正を行う可能性がある」とコメントした。