ドンキHDが渋谷での大規模再開発を発表

ドンキホーテHDが発表した東京都渋谷区での再開発計画の完成イメージ図(同社提供)
ドンキホーテHDが発表した東京都渋谷区での再開発計画の完成イメージ図(同社提供)【拡大】

  • ドンキホーテHDが発表した東京都渋谷区での再開発計画の完成イメージ図(同社提供)
  • 会見するドンキホーテHDの大原孝治社長=13日、東京都千代田区(柳原一哉撮影)

 ディスカウント量販店を展開するドンキホーテホールディングス(HD)は13日、東京都渋谷区道玄坂の旧「ドン・キホーテ渋谷店」跡地周辺を再開発すると発表した。超高層ビルを建設したうえで、店舗、事務所、ホテルを進出させる。区画整備工事を9月から着手し、平成34年4月に完成させる予定だ。

 「渋谷区道玄坂二丁目開発計画」は、「文化村通り」に面した約5700平方メートルの敷地に地上28階、地下1階の高さ120メートルの超高層ビルを建設する。延べ床面積が約4万平方メートルの大型開発となる。

 同日開催の決算・事業説明会で大原孝治社長は「渋谷地区で進む再開発の1つとして、文化村通りの活性化や渋谷全体の回遊性を高めていく」と、開発の意義を強調した。