三菱UFJ銀、ATM2割削減検討

三菱UFJ銀行のATM=東京都千代田区
三菱UFJ銀行のATM=東京都千代田区【拡大】

 三菱UFJ銀行が平成35年度までに全国のATM(現金自動預払機)を2割程度削減する方向で検討していることが13日、分かった。店舗数を約2割減らすのに合わせ、利用率の低いATMも削減する方向。コストがかさむ店舗やATM網を見直す一方、普及が進むインターネット取引やキャッシュレス決済を充実させ、経営の効率化を狙う。