スマホ操作がより簡単に!腕時計の様に手首に付けるスマホホルダー「ファッチ(Phatch)」をWEB限定で8月13日販売開始

「ファッチ」使用場面
「ファッチ」使用場面【拡大】

  • 「ファッチ(Phatch)」
  • ホルダー部
  • 固定部

 スマホホルダーの総合店を目指しているオリバーラボ株式会社(所在地:静岡県三島市、代表:皆川 裕二)が、有名テレビ番組でも紹介されたあの「オリバー君」(胸ポケットからスマホの落下を防止するホルダー)に続き、第二弾として腕時計の様に手首にさりげなく付けるスマホホルダー「ファッチ(Phatch)」を開発し、当社サイトにて2018年8月13日から販売を開始しました。
URL: http://oliverlabo.co.jp
※「キャシュレス ビジョン」経済産業省 平成30年4月

 画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/162870/LL_img_162870_1.jpg
「ファッチ」使用場面

 【「ファッチ(Phatch)」開発の背景】
当社はこれまで「オリバー君」(胸ポケットからスマホの落下を防止するホルダー)の開発・販売を行ってきました。しかし、お客様からメールの確認やスマホでの支払いの時、その度に胸ポケットからスマホを取出すのが面倒とのお声を頂いたことから、この度「ファッチ(Phatch)」を開発しました。
「ファッチ(Phatch)」は、腕時計の様に手首にスマホを装着でき、かつ、スムーズな取り出しが可能です。メール等のチェックは腕時計を見る様に、電話に出るときはさっと取出せます。
今後急速に進む現金離れから、日本でも韓国や中国の様に買い物での支払いがキャッシュレス化が進むことが想定されます。そんな中ポケットや鞄から毎回スマホを取出すのも大変です。かつて懐中時計が腕時計としてポケットから手首にその位置が変わったと同様に、スマホもその使用頻度アップからポケットや鞄から手首に移行することが見込まれます。
日本政府(キャッシュレス ビジョン 経済産業省 平成30年4月)も2025年キャッシュレス化40%目標に本格的にキャッシュレス化に向けゴーサインを出しました。当面は2020年に近づくにつれて盛り上がる外国人観光客に向け、日本全体として対応が本格化します。その時の主役はやはりスマホ。買い物・交通機関・情報収集等に頻繁にスマホが活躍することが見込まれることから、「ファッチ(Phatch)」の需要は高まっていくことが考えられます。

 【「ファッチ(Phatch)」の特徴】
1. 保持具は極力小さく目立たない
街中での通常使用を可能にする為、手首に付けるベルトは腕時計ベルトに類似し、かつ、既存の腕時計ベルトも使える様にしました。スマホを手首内側にセットすれば、スマホは殆ど見えずお洒落なベルトでファッショナブルになります。保持具はスマホと手首の間に挟まれ、外からは全く見えません。

 2. スムーズな出し入れ
既に、ジョギング中等にスマホを太いベルトでしっかり腕に固定するアームベルトが市販されています。しかし、街中での通常の使用を前提にしていないので、出し入れが非常に不便でした。「ファッチ(Phatch)」は、通常使用を前提に非常にスムーズな出し入れを実現しました。

 3. 落ちない
スムーズな出し入れが可能なら落下の心配をされると思いますが、「ファッチ(Phatch)」は、その点を解消しました(特許申請準備中)。スマホに簡単なホルダーをセットし、そのホルダーをしっかり手首に固定することで、スムーズな出し入れと落下防止を実現しました。

 【今後の展開】
「ファッチ(Phatch)」の普及にあたり、ベルトデザインの多様化を視野に積極的にベルトデザイナーと協力していき、より多くの方にご利用いただけるように努めていきます。

 【「ファッチ(Phatch)」の概要】
名称 : 「ファッチ(Phatch)」
販売開始日 : 2018年8月13日
販売料金 : 2,900円(セット販売)※価格は税別です
サイズ(約) : 縦13cm、横:8cm、厚さ:2cm、重さ:30g
カラー : 本体:透明、ベルト:各種
販売(ネット): http://oliverlabo.co.jp

 【会社概要】
社名 : オリバーラボ株式会社
所在地 : 〒411-0036 静岡県三島市一番町18-25
代表者 : 皆川 裕二
事業内容: スマホアクセサリーの企画、製造、販売
URL : http://oliverlabo.co.jp/

 【本件に関するお問い合わせ先】
オリバーラボ株式会社
担当: 皆川 裕二
TEL : 090-3830-6622
FAX : 055-981-4185
mail: info@oliverlabo.co.jp