グーグル提供アプリ、位置情報OFFでも追跡 AP通信報道

 米AP通信は、米アルファベット傘下のグーグルがスマートフォン向けに提供している位置情報サービスで利用者が端末の位置情報をオフにした時でも情報を保存していると報じた。

 AP通信が調査したところによれば、グーグルはアプリ上に位置情報の共有を許可するかどうかを利用者に質問するが、利用者が情報の設定をオフにしてもグーグルは追跡機能を停止しなかったという。プリンストン大学のコンピューターサイエンスの研究者はAPの調査内容を確認した。

 グーグルはAPに宛てた声明で「当社はこうしたツールの内容を明確に示しているほか、厳しく管理している。そうすることで利用者が位置情報の設定をオフにするか、履歴をいつでも消去することができる」と説明した。

 ブルームバーグはグーグルにコメントを求めたが、これまでのところ返答は得られていない。(ブルームバーグ Emily McCormick)