日本I-Pulse パルスパワーで社会課題を解決 (3/3ページ)

片瀬裕文・日本I-Pulse社長兼CEO(最高経営責任者)
片瀬裕文・日本I-Pulse社長兼CEO(最高経営責任者)【拡大】

 --日本企業との連携は

 「米本社は、コンピューター設計のシミュレーションから産業用ロボットの設計も提案し、加工まで手掛けている。メーカー向けの産業用ロボットは米アイパルスで製造し、顧客は保有しない事業モデルだ。日本ではニーズに応じて、米本社に仲介して生産を代行したり顧客にロボットを納めたりするなど、いろいろな方法が考えられる。日本メーカーにアイパルスの技術を導入してもらい、従来できなかった製品で競争力を強化し、日本のロボットメーカーとの協業で世界に展開していきたい」

【プロフィル】片瀬裕文

 かたせ・ひろふみ 東大法卒。1982年通商産業省(現経済産業省)入省。米ミシガン大で応用経済学修士号を取得。産業技術環境政策局長、通商政策局長などを経て、経済産業審議官。2017年7月退官。同12月から現職、米アイパルス取締役副会長も兼務。59歳。富山県出身。