米パブリック・パフォーマンス・ライツ組織Pro Music Rightsの市場シェアが7.4%-国内3位の規模に

 米パブリック・パフォーマンス・ライツ組織Pro Music Rightsの市場シェアが7.4%-国内3位の規模に

 AsiaNet 74797 (1430)

 【マイアミ2018年8月16日PR Newswire=共同通信JBN】
*米国で5番目のパブリック・パフォーマンス・ライツ組織Pro Music Rightsの市場シェアが7.4%に

 Pro Music Rightsは米国で5番目に創設されたパブリック・パフォーマンス・ライツ(公の実演権)組織(Public Performance Rights Society)で、米国で7.4%の市場シェアを持ち、スヌープ・ドック、エイサップ・ロッキー、ウィズ・カリファ、ファレル、ヤング・ジージー、ジュエルズ・サンタナ、リル・ヨッティー、MoneyBaggYo、Larry June、Trae Pound、Sauce Walka、Trae Tha Truth、Sosaman、ソウルジャ・ボーイ、Lex Luger、Lud Foe、SlowBucks、Gunplay、OG Maco、Rich The Kid、Fat Trel、Young Scooter、Nipsey Hussle、Famous Dex、Boosie Badazz、Shy Glizzyをはじめ、多数の有名アーティストの作品を手掛ける。

 関連情報:
https://mma.prnewswire.com/media/731345/Pro_Music_Rights_Infographic.jpg
Logo - https://mma.prnewswire.com/media/728013/Pro_Music_Rights_Logo.jpg

 Pro Music Rightsは、登録しているパフォーマー、作曲家、出版社および法的権利を有する権利者にパブリック・パフォーマンス・ロイヤルティーの100%を毎月直接支払っている。ジェイク・P・ノッチ現最高経営責任者(CEO)は、パブリック・パフォーマンス・ライツの分野を悩ませる組織上の問題を直接経験したことからPro Music Rightsを創設した。こうした問題はパフォーマー、作曲家、出版社およびクリエーティブなコミュニティー全体が生計を立てることを妨げてきた。

 Pro Music Rightsはグラミー賞受賞歴を持つエンジニアでプロデューサーのポール・リング氏をPro Music Rightsの社長に迎えた。

 リング氏は、過去23年間ユニバーサル ミュージック グループ(Universal Music Group)から独占的に配信されている2つの著名なレコードレーベルの社長として長い任期中に好業績を収めた。リング氏の任期は1995年、リック・ジェームス、キャメオ、ギャップ・バンド、ジェームス・ブラウンら伝説的なアーティストを擁するPrivate Eye Recordsの社長として始まった。2000年にリング氏はBungalo Recordsを立ち上げ、このレーベルはロドニー・ジャーキンス、DJクイック、パティ・ラベルを含む豊かで多岐にわたるアーティストおよびプロデューサーの歴史を保有している。

 Pro Music Rightsはまたリヴィオ・ハリス氏をグローバル・オペレーション担当の上級バイスプレジデントに迎えた。ハリス氏は自身のキャリアをシンガー・ソングライターとして始め、1990年、Uptown Records(Jodeci、メアリー・J. ブライジ、Guyその他が所属)と呼ばれるメジャー・レーベルと契約した強力なエグゼクティブである。

 アーティストとしての経験を持ち、ハリス氏にとって、音楽業界で30年以上の経験を重ねたエグゼクティブとして業界での地位を高めることは自然な流れだった。彼は元のレコーディング・アーティスト、エンターテインメント・マネジャー、アーティスト・デベロップメント・エグゼクティブ、Tier2 Films のバイスプレジデントおよびNotting Hill Music Publishingのエグゼクティブ・バイスプレジデントからの出世である。

 ハリス氏はA&RコンサルタントとしてElektra RecordsおよびEpic Recordsを含む多数の音楽会社と関わってきた。また、21年以上にわたりNotting Hill Music Publishing(米国)の経営と発展に携わった。Notting Hillの米国カタログのかなりの部分はハリス氏の功績によるものであり、そのごく少数を挙げれば、ウィル・スミス、プッシーキャット・ドールズ、ビヨンセ、デスティニーズ・チャイルド、エミネム、アウトキャスト、ネリー、マイケル・ジャクソンおよびDJキャレドらである。

 Pro Music Rightsについて詳しい情報は https://ProMusicRights.com を参照。

 ▽引用
Resnikoff, P(2018年8月3日)
US-Based PRO Pro Music Rights Reaches a 7.4% Market Share.
https://www.digitalmusicnews.com/2018/08/03/pro-music-rights-7-4-market-share/ (閲覧日:2018年8月15日)

 About(日付なし).
https://www.bmi.com/about (閲覧日:2018年7月31日)

 ASCAP Payment System(日付なし)https://www.ascap.com/help/royalties-and-payment/payment (閲覧日:2018年7月31日)

 FIND WORKS(日付なし)
http://www.ProMusicRights.com/ (閲覧日:2018年7月31日)

 Licensed Customers Login(日付なし)
http://licensees.sesac.com/ (閲覧日:2018年7月31日)

 Rights, H. G.(日付なし)Global Music Rights
https://globalmusicrights.com/CatalogRequest (閲覧日:2018年7月31日)

 US-Based PRO Pro Music Rights Reaches a 7.4% Market Share ? A2IM(日付なし)
https://a2im.org/forums/topic/us-based-pro-pro-music-rights-reaches-a-7-4-market-share/ (閲覧日:2018年8月6日)

 Topic Tag: Pro Music Rights(日付なし)
https://a2im.org/forums/topic-tag/pro-music-rights/ (閲覧日:2018年8月15日)

 "Richard Gora of Gora, LLC Announces Partnership with Pro Music Rights, LLC, the Third-Largest US PRO Representing Over 2 Million Copyrighted Publications."
Digital Innovations in Facial Recognition: Interview (Includes Interview), 13 Aug. 2018, www.digitaljournal.com/pr/3895838?noredir=1.

 ソース:Pro Music Rights

 ▽問い合わせ先
Jake Noch
+1 (833) 227-7683
jake@promusicrights.com