レモンサワーブームの今、ハイサワー特区で東京版の街おこし (1/3ページ)

 若者のアルコール離れが進むなか、今レモンサワーがブームとなっている。東京都内にはレモンサワーの専門店もあり、レモンサワー好きの女子=レサワ女子なんて言葉も出ているようだ。

 博水社(東京都目黒区)が提供するレモンサワーを作るための割り材「ハイサワーレモン」の酒屋・飲食店への販売量は2013年から4年連続右肩上がりでとどまることを知らない。

 今回はこの博水社が立ち上げた新しい飲み企画「ハイサワー特区」に注目したい。

 博水社の地元、武蔵小山から西小山に至るエリアには「ハイサワー特区」なるものが存在する。加盟店は32店舗(2018年7月現在)。

 駅前の再開発で街が姿を変えようとしているなか、地元に古き良き酒場を残し、飲み文化を盛り上げていこうと、2016年11月に博水社内にあるハイサワー特区実行委員会が立ち上げた。

 それぞれの店舗が共同で景品付きのイベントを行い、地域の酒場文化を活性化していく。

 2018年3月には期間内に各店舗を巡ってスタンプを押してもらい、ビンゴを達成すると景品がもらえるビンゴスタンプラリーが行われた。来たる2018年9月には、先着順で各店舗のオリジナルハイサワーセットを飲んだお客様に景品が配られるイベントが行われる。

 この地元活性イベントはどのような盛り上がりを見せているのだろうか? 気になってきた。詳しくは博水社、そして「ハイサワー特区」の店舗で1杯ひっかけながら聞いてみることにしよう。

地元への恩返しがきっかけ