高級車、気軽に試乗できる機会増加中 ベンツは新型車に無料試乗、アウディはレンタルが好評

新型「Cクラス」
新型「Cクラス」【拡大】

 一度は乗ってみたい高級車に気軽に試乗できる機会が増えている。メルセデス・ベンツ日本(東京)は、NTTドコモと組んで新型車を無料で試乗できるサービスを始めた。アウディジャパン(同)も人気モデルの貸し出しが評判だ。

 ドコモのカーシェアリングサービス「dカーシェア」が10日から始めた試乗の目玉は、7月に受注が始まったばかりの新型「Cクラス」だ。ブランド情報の発信拠点である東京と大阪の「メルセデス ミー」で借り、最長2時間の試乗ができる。年末まで。

 「ハイクラスの車を提供することで、カーシェアの魅力をアピールしたい」(ドコモ広報担当者)という狙いがある。

 アウディジャパンは6月から東京都内を中心にレンタルを始めた。自宅や駅、空港など好きな場所まで専門の「コンシェルジュ」がアウディ車を届け、引き取りにも来てくれる便利さが売りだ。

 車両はセダンからスポーツ用多目的車(SUV)までさまざま。価格が約2600万円のオープンモデルのスポーツカー「R8 スパイダー」も利用できる。時間は4時間から30日まで。車種によって料金が変わり、4時間当たり7200~5万1200円。

 東京への出張や旅行で乗ってみようという人も増えているという。