EV充電器、日中で世界標準目指す 2020年実用化へ 共同開発合意

電気自動車(EV)の急速充電器
電気自動車(EV)の急速充電器【拡大】

 電気自動車(EV)の急速充電器の次世代規格を日本と中国が共同開発し、世界標準を目指すことで合意した。2020年ごろに実用化する。世界的に自動車の環境規制が厳しくなる中、日中や欧米が規格をめぐってしのぎを削っている。急速充電器の設置数で現在9割超のシェアを持つ日中が規格を統一することにより、主導権争いで一歩リードできそうだ。

 日本独自の規格「CHAdeMO(チャデモ)」を推進するチャデモ協議会が22日、発表した。同協議会は自動車や部品のメーカー、電力会社などが会員となっている。

 共同開発する規格の出力は現在の普及タイプの約10倍以上に当たる500キロワット超を想定。生産コストの削減などが課題で、日本側は技術やノウハウの提供を担う。