台風21号で関空の機内食製造会社 続々欠航で航空会社との調整に追われる

 関西国際空港を離着陸する国際線の機内食製造や搭載などを請け負うエイエイエスケータリング(大阪府泉南市)は、4日の業務に必要な従業員は出社し、通常通りの体制を整えていた。しかし、台風21号の影響で同日午後以降、航空便が続々と欠航になり、航空会社との調整に追われた。

 高潮での浸水や連絡橋へのタンカー衝突で空港は同日午後3時から閉鎖。担当者は「従業員が今日(4日)は帰宅できなくなる恐れがある」と話していた。5日以降の業務体制については、航空便の運航情報などを確認しながら、検討するという。