AIシステムで施工現場を管理 ダイダン

 設備工事会社のダイダン(大阪市西区)は、ヘルメットに装着したウェアラブルカメラと、人工知能(AI)を活用した施工現場の管理システムを開発した。

 工学院大学建築学部建築学科の石田航星助教(研究当時、現在は、早大理工学術院創造理工学部建築学科講師)と協業し、カメラで撮影した動画から設備機器や部材を3次元モデル化。AIでこのモデルを分析し、施工状況など工事進捗を自動的に記録する。

 このシステムを用いることで、現場管理業務の大幅な効率化が実現。施工品質の確保も可能になるという。