ゆがんだ利益至上主義… スルガ銀の経営再建は“いばらの道” (1/2ページ)

経営陣の総退陣と新体制の構築について会見したスルガ銀行新社長の有国三知男氏
経営陣の総退陣と新体制の構築について会見したスルガ銀行新社長の有国三知男氏【拡大】

  • スルガ銀行の本店
  • スルガ銀行の不正融資の調査結果を発表する第三者委員会の記者会見=7日、静岡県沼津市

 「企業統治は機能不全に陥っていた」とする第三者委員会の報告で、スルガ銀行は経営の抜本改革が不可避となった。スルガ銀は地方銀行として屈指の利益率を誇ったが、好業績を支えてきた個人向け融資での不正は経営への大打撃となる。新社長に就任した有国三知男取締役は7日の会見で、他の金融機関との合併や提携に関して「現状では考えていない」と述べたが、金融市場では先行き不安が広がっており、スルガ銀が経営支援を要請するシナリオも浮上。しかし支援体制の構築は容易ではなく、経営立て直しの難航は必至だ。

 業務純益7%増、最終利益16%増-。スルガ銀が2017年3月期決算でたたき出した業績だ。同期の地銀全体の業務純益は18%減、最終利益は15%減だったことを踏まえれば仰天の数字だ。しかしその裏側では利益率の維持を最優先するゆがんだ利益至上主義がはびこっていた。

 金融庁は不正の舞台となった個人融資の新規受け付けを停止するなど一部業務停止命令の処分を検討。スルガ銀にとっては個人向け融資に次ぐ、「第2の柱」をいかに作れるかが再建の鍵を握る。顧客に富裕層を多く抱えるなどの強みもあるが、顧客離れが深刻化すればダメージは必至だ。

続きを読む