ローカル食品で地元の支持を “焼きまんじゅう”を残したローソンの英断 (1/5ページ)

※画像はイメージです(Getty Images)
※画像はイメージです(Getty Images)【拡大】

 8月31日、群馬県内のコンビニ「セーブオン」が一斉閉店した。店舗は10月から順次、ローソンに転換していく。セーブオンは特産品を活かした品揃えに定評があった。特に人気だったのは名物「焼きまんじゅう」だ。ローソンは、ブランドは転換するが、焼きまんじゅうの販売は一部で継続するという。流通アナリストの渡辺広明さんは、「大手3社の寡占化で店舗が同質化しており、あえて個性を残すローソンの判断は評価できる」と分析する--。

 群馬県民が愛したローカルコンビニ

 2018年8月31日午前7時、群馬県で「セーブオン」全159店舗が一斉に閉店し、35年の歴史に幕を閉じた。店舗は10月4日より順次、ローソンに転換して再オープン予定となっている。

 セーブオンは、ホームセンター「カインズ」やスーパーマーケット「ベイシア」を展開する「いせや(現ベイシアグループ)」のコンビニ部門として、1984年に誕生した。群馬県内ではファミリーマート123店舗、ローソン122店舗を押さえ、462店舗のセブン-イレブンに次ぐ2位の店舗数を誇っている(2018年6月末時点)。「大学に進学して住んだ名古屋にセーブオンがなくてびっくりした」(群馬県出身・30代)というくらい、県民にとっては「あって当たり前」の慣れ親しんだ存在だった。

 セーブオンの売りとなっていたのは、「39円アイス」などの低価格路線、そして上州名物「焼きまんじゅう」など特定メーカーの直売品の取り扱いだ。直売品は、店内に直営販売所を設けて販売していた。

日常の“特別な買い物”