ソニー、2040年までに消費電力を100%再エネ化へ目標発表

 ソニーは10日、事業活動で消費する電力を2040年までに再生可能エネルギーへ完全に置き換える目標を発表した。欧州では既に100%の再エネ化を達成しているが、全体では数%にとどまる、今後は主に国内生産拠点で太陽光パネルの設置や電力の拠点間融通などを進める。当面は電力利用の効率化や北米、中国での再エネ導入の拡大も図り、30年に導入率30%を目指すという。