【スポーツbiz】全米テニスで快挙、大坂なおみの可能性 スポンサーも期待 (2/3ページ)

 私のような思いに駆られた人は、きっと少なくなかったのではないか。大坂の「人となりの良さ」を合わせて思う。

 スポンサーは5社

 大手広告代理店に勤務していた古い友人によれば、「芸能人だったり、スポーツ選手だったり、また文化人など、商品を勧めている人物の人となりが、最終的には商品の売れ行きを長く左右するのだ」という。

 大坂はいま、シューズとウエアの「アディダス」、ラケットの「ヨネックス」に加え、食品大手の「日清食品」、有料放送の「WOWOW」、そして時計の「シチズン」と5社のスポンサードを受けている。

 スポーツ用品2社は当然、彼女が注目を集め始めた2016年に所属契約を結んだ日清食品の眼力に敬服させられる。同社は男子テニスの錦織圭とも所属契約しており、まさに“両輪”を期待したものだろう。

 その契約に際し、大坂はこうコメントした。「日清食品の飽くなきハングリースピリットを胸に、自分のスピリットをたぎらせて、見ている人のスピリットも熱くする戦いをトーナメントで繰り広げたい」。言葉の通りの戦いを、この全米オープンで繰り広げて、ベスト4の錦織ともども期待に応えた。

全米OPテニス女子シングルスで、大坂なおみが優勝。JR有楽町駅前では産経新聞の号外が配られた=9日午前、東京都千代田区(川口良介撮影)

全米OPテニス女子シングルスで、大坂なおみが優勝。JR有楽町駅前では産経新聞の号外が配られた=9日午前、東京都千代田区(川口良介撮影)

 WOWOWも同様、ふたりが準決勝に進んだ先週末、契約件数が急激に増えたという。

 シチズンが大坂をブランドアンバサダーとして契約したのは今年、それも全米オープン開幕2日前の8月25日だ。この活躍を予感したか、今週14日には大坂が着用したモデルの時計を発売する。“Better Starts Now”をブランドステートメントに掲げる同社にとって、大坂の「いま」は「未来を開く」スタートとなろう。

続きを読む