ヤマトHD 過大請求で特損、決算訂正

 ヤマトホールディングス(HD)は14日、2018年4~6月期連結決算の最終利益を当初公表の40億円から26億円へ訂正した。子会社ヤマトホームコンビニエンスが法人向け引っ越し代の過大請求問題で、新規受注を停止したため、同社の資産価値を減損処理して特別損失を計上した。

 ヤマトHDは19年3月期の連結業績予想は据え置くと説明している。