パナ・ぴあ、チケットの電子化で協業 ガンバ戦で実証実験

 パナソニックとぴあは14日、スタジアムやアリーナ施設で行われるイベントの入場チケットを電子化するサービスで協業すると発表した。スマートフォンやICカードを使いスムーズな入退場が行えるようになるほか、座席案内やキャッシュレス決済による施設内での飲食やグッズの購入を可能にする。観客の利便性向上と施設運営の効率化につなげる狙いで、2020年の事業化を目指す。

 サービスの有効性を確かめるため、パナソニックがスポンサーを務めるサッカーJリーグのガンバ大阪が主催する11月24日の試合(V・ファーレン長崎戦)で実証実験を行う。ガンバ戦では現在、入場者の約57%が紙のチケットで入場しており、入場前に集積回路(IC)を組み込んだリストバンドと交換して実験を行う。電子化すれば、入口でスタッフが行うチケット確認や一時退場時の再入場スタンプ管理の手間などが省け、入場時の混雑解消などで、来場者と運営側いずれの負担も軽くなる。