中小企業

“跡取り娘”の事業承継を支援 昭和女子大が女性対象のセミナー開講 (1/2ページ)

 “跡取り娘”の事業承継を支援-。昭和女子大学ダイバーシティ推進機構(東京都世田谷区)は10月27日、女性を対象にした事業承継セミナーを開講する。後継者難などが理由で中小企業の廃業が後を絶たない中、少子化で経営者の子供が長女だけのケースも少なくない。先代から会社を引き継いだ女性経営者を講師に起用し、セミナーを通じて円滑な事業承継を後押しする。

 「“跡取り娘”人材育成コース」と名付けられたこのセミナーは来年3月まで毎月1回、昭和女子大で実施。老舗和菓子店「銀座あけぼの」を展開する曙(同中央区)の細野佳代社長、精密金属加工を手掛けるダイヤ精機(同大田区)の諏訪貴子社長ら、先代から会社の経営を引き継いだ女性経営者が毎回登壇。ファミリービジネスの心得や人材育成、組織マネジメント、リーダーシップの取り方などをテーマに、自らの経験を踏まえながら講義する。

 中小企業は典型的ないわゆる男社会。それまで会社の事情に詳しくなかった女性がいきなり社長になることで、従業員との軋轢(あつれき)が生じることも多い。

 同機構の武藤空男事務局長は「男社会の中で女性経営者がどうやったらそうした軋轢を乗り切れるかといったことも伝えられれば」と話す。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus