【遊技産業NOW】パチスロ新機種「CRストライクウィッチーズ」など投入

8月に開かれた内覧会は多くの業界関係者でにぎわった
8月に開かれた内覧会は多くの業界関係者でにぎわった【拡大】

 ■三洋物産

 三洋物産(名古屋市千種区)のパチンコ新機種「CRストライクウィッチーズ」と「パチスロ大海物語4 with すーぱーそに子」が10月にかけてパチンコホールにお目見えする。

 パチンコは、同名人気コンテンツとのタイアップ。「319ver.」「229ver.」の2種類を用意した。ともにV-STタイプ。

 「319ver.」の大当たり確率は319.6分の1、STは突入率50%で200回。大当たりは6ラウンド(出玉約660個)と16ラウンド(出玉約1760個)で、右打ちではすべて16ラウンド大当たりとなる。導入は9月末。

 一方、パチスロは、ニトロプラスのイメージキャラクター“すーぱーそに子”とのタイアップ。

 スペックは先にリリースされている「パチスロ大海物語4」と同じA+RTタイプで、ボーナスは獲得枚数250枚のBBと、同約100枚のRBを用意。ボーナス合算確率は設定1~6=149.3分の1~121.1分の1。液晶画面で図柄がそろえばボーナスが確定し、奇数図柄ならBB、偶数図柄ならいずれかのボーナスとなる。導入は10月中旬。