【新製品】東芝テリー CMOSセンサーカメラ


【拡大】

 ■USB3.0インターフェースに対応

 東芝テリーは、USB3.0インターフェースカメラ「BUシリーズ」として600万画素(1/1.8型)のCMOSセンサーを採用した「BU602M」の販売を9月より開始した。

 USB3.0は、米インテル、米マイクロソフトなど7社が共同で発表したパソコン用のシリアルインターフェース規格。

 同製品は、ローリングシャッター方式を採用しており、センサーの上部ラインから順に露光される。

 高性能CMOSセンサーにより、高解像度で、かつ最大60fpsのフレームレートを実現する。マウント部および突起部をのぞくカメラ本体部分は、幅29×高29×奥行16mmと、コンパクトサイズ。また質量は33gと軽量で、組み込み用途に適している。

 映像出力およびカメラ制御は、USB3.0インターフェースを介して行う。データ転送を5Gbps(最大)で行い、非圧縮の出力画像を高速フレームレートで出力可能。

 ラインアップは、白黒1種、カラー2種の計3種を取りそろえる。

 <東京都日野市、(電)042・589・8775>