新卒者内定式 就活見直し、変わる一括採用 企業と大学、新たな連携模索 (1/3ページ)

NTTドコモの内定式であいさつする吉沢和弘社長=1日、東京都港区
NTTドコモの内定式であいさつする吉沢和弘社長=1日、東京都港区【拡大】

 産業界が口火を切り、政府が混乱を心配する就職・採用活動ルール見直し論議の中、2019年春入社の新卒者内定式が1日、多くの企業で行われた。19年春入社組の就職活動は、ちょうど10年前のリーマン・ショック以降で、「最も高水準の売り手市場」とされる。学生に痛みが伴う可能性のある就活ルールの見直しも、こうした良好な就職環境の時期だからこそやりやすいとの指摘がある。日本型終身雇用の基礎である新卒一括採用の見直しの議論が、産業界と大学、政府の間で10月中にもスタートする。

 前倒しで長期化問題

 経団連の中西宏明会長が一石を投じた大学生の就活ルールの見直し。ルールが切れる現在の大学2年生が対象の21年春入社の就活はどうなるのか。終身雇用の土台だった日本特有の一括採用はどう変わり、企業と大学はどう連携していけばいいのか、議論の行方に関心が高まっている。

 経団連は「採用選考に関する指針」(20年春入社まで適用)を守る会員企業が採用で後れをとったり、指針が解禁破りで形骸化したりしているとして、21年春入社からは指針を策定しない方針。これに対し、政府は混乱回避のため、21年入社に関しては現行ルールをIT系や外資系、中小企業などにも要請する見通しだ。

続きを読む