レジで現金引き出す「キャッシュアウト」 ATM代替、災害時活用に期待も (1/2ページ)


【拡大】

  • 来春にもキャッシュアウト機能が実装される予定の東京急行電鉄の券売機=東京急行電鉄提供

 9月の北海道地震や台風21号など今夏に相次いだ自然災害で、小売店のレジなどをATM(現金自動預払機)代わりにして預金を引き出せる「キャッシュアウト」と呼ばれるサービスが注目を集めている。1台当たり月数十万円とされる維持費がかかるATMの代替としての役割のほか、停電などで現金を使わない「キャッシュレス決済」ができなくなった場合に顧客が必要な現金を確保できるからだ。しかし、思うように普及は進んでいない。(林修太郎)

 太平洋に浮かぶ伊豆諸島の八丈島(東京都八丈町)。キャッシュレス決済の導入は都心部より遅れているが、キャッシュアウトの先進地域として注目される。

 キャッシュアウトは大手銀行や地方銀行でつくる「日本電子決済推進機構」が運営し、買い物の代金を銀行の預金口座から即時に引き落とすデビットカードの機能を活用。利用者は店でデビットカードを示して必要な金額を伝え、暗証番号を入力すれば現金を受け取れる。平成29年4月の銀行法施行規則改正で可能になり、今年4月にサービスが始まった。

 同島にはATMが少なく、夜などに現金を引き出す手段が乏しい。このため、観光客らが消費を控えるケースがあり、八丈町や島内に出張所を持つみずほ銀行などが連携して導入。ホテルや飲食店、タクシーなどで最大3万~5万円引き出せる。地域ぐるみで利用できる八丈島のような試みは珍しいという。

続きを読む