アイロボットジャパンが新型「ルンバ」 丸ごと水洗い可能ダクトを初採用

新製品「ルンバe5」を発表するアイロボットジャパンの挽野元社長=10日、東京都千代田区
新製品「ルンバe5」を発表するアイロボットジャパンの挽野元社長=10日、東京都千代田区【拡大】

 アイロボットジャパン(東京都千代田区)は10日、丸ごと水洗いできるダクト容器を初めて採用したロボット掃除機「ルンバe5」を26日から販売すると発表した。価格は4万9880円で、1回の稼働時間が90分に伸びた。

 スマートフォンによる操作で、外出先から掃除を始めることができ、終了後に通知が届く。音声の人工知能(AI)サービス「アレクサ」「グーグルアシスタント」を使うことで、話しかけるだけでルンバの操作が可能という。

 現在、ルンバの世帯普及率は4.5%。会見した挽野元社長は「働く女性が増えたことで家事を分担する家庭が増えている。掃除の時間を省き、時間を作ってくれる機器として、一家に1台普及させたい」と述べた。まずは5年後までに普及率を10%に高める計画だ。

 今回の「e5」を800シリーズの後継機種と位置付け、最上位モデル「900シリーズ」と普及モデル「600シリーズ」の間の中位モデルにする。