大塚家具が窮余の一策? 勝負の「在庫一掃SALE」 再建策依然示せず、資金枯渇は目前 (2/3ページ)

 2018年6月末の商品在庫は115億7285万円に達した。そして、9月28日から10月28日まで実施の「在庫一掃セール」。背に腹を変えられぬ在庫圧縮と現金獲得を同時に実現できるか、大塚家具にとって意味は軽くない。

 2018年12月期中間決算で商品の評価基準を見直し、たな卸資産評価損を計上。これで展示品など在庫商品の値引販売がしやすい環境はできた。

 破格セールで来店客数は大幅に増えているようだ。連休中の10月7日、有明ショールームを訪れると大塚久美子社長が自ら接客する姿が目に入り、意気込みが伝わってきた。

大塚久美子社長

大塚久美子社長

 これで2017年8月から今年9月まで14カ月も続く店舗売上の前年同月割れに歯止めがかかるのか。「在庫一掃セール」が起爆剤になるのか。10月の売上が試金石になるだろう。

◆赤字予想でもセールに追い立てられる苦境

 大塚家具の2018年12月期第3四半期(7-9月期)は、11月14日に開示を予定している。店舗売上高は7月(前年同月比73.4%)、8月(同78.5%)、9月(同87.9%)と落ち込み、特に応接やダイニング関連が不振という。

 2018年12月期中間決算で下方修正した同期の通期計画は、売上高376億3400万円(前期比8.4%減)、営業利益マイナス51億円、経常利益マイナス52億円、当期純利益マイナス34億2600万円と、赤字を前提にしている。

支援先の名前が飛び交うが…