【業界団体だより】大遊協、青色防犯パトロール車輌8台寄贈

「青色防犯パトロール車輌贈呈式」に臨んだ(左から)大阪府のキャラクター“もずやん”、大阪府の竹内副知事、大遊協の平川理事長
「青色防犯パトロール車輌贈呈式」に臨んだ(左から)大阪府のキャラクター“もずやん”、大阪府の竹内副知事、大遊協の平川理事長【拡大】

 大阪府遊技業協同組合(大遊協、理事長・平川容志氏)は9月18日、大阪市中央区の大阪府庁で「青色防犯パトロール車輌贈呈式」を行った。

 青色防犯パトロールとは、防犯意識向上や犯罪被害防止などを目的に、認可を受けた府(県)や市区町村が一般の車輌では装備することのできない回転灯を付けた車で、地域の防犯パトロールを行うもの。大遊協では、2016年度からひったくりや特殊詐欺に対する注意喚起、また地域の子供の見守り活動など、安心安全な街づくりに活用するため、大阪府を通じて各地域に寄贈している。なお、15年度までは大阪府・市に対し福祉車両を寄贈しており、目標台数である200台を達成したことから16年度からパトロール車輌の寄贈にシフトした。

 今年は8台の車輌が寄贈され、式典には大遊協から平川理事長をはじめとする執行部が、大阪府からは竹内広行副知事や青少年、地域安全室の関係者らが臨席。竹内副知事は「大阪府では現在、G20の開催を控え、安心安全な街づくりを推進している。青色防犯パトロール車輌の存在は大変心強い」と謝辞を述べた。