【視点】大規模停電 「同時同量」の原則 中央給電指令所の理解が不可欠だ (1/3ページ)

地震で停止、出火した苫東厚真火力発電所4号機のタービン=9月20日、北海道厚真町(杉浦美香撮影)
地震で停止、出火した苫東厚真火力発電所4号機のタービン=9月20日、北海道厚真町(杉浦美香撮影)【拡大】

 「同時同量」あるいは「常時需給の一致」ともいわれる用語をご存じだろうか。

 日常生活や生産活動に使う電気に関して極めて重要な原則なのだが、国民の間では残念ながら、ほとんど知られていない。この原則が崩れたことで発生したのが、先般の北海道全域を巻き込んだ大規模停電(ブラックアウト)である。(産経新聞論説委員・長辻象平)

 9月6日の未明に発生した大地震(最大震度7)の揺れで、震源に近い北海道電力の苫東厚真(とまとうあつま)火力発電所(出力165万キロワット)が停止したことにより「同時同量」の原則が崩れたのだ。

 電力会社は今、この瞬間に管内で使われているのと同じ量の電気をその時点で発電し、送電線に乗せているのだ。

 朝から夜にわたって、電気の消費量は、社会全体の活動とともに増大したり、減少したりする。

 電力会社は火力、水力、原子力発電所などの多数の発電機の出力を数秒刻みでコントロールすることで、消費量(需要)と発電量(供給)をリアルタイムで一致させているのだが、大多数の国民はこれを知らないまま天下泰平に過ごしてきた。

 一致させられなかったらどうなるか-。

続きを読む