シーテック 3メガ銀、フィンテックで攻勢 スマホでATM出金など (1/2ページ)

シーテック・ジャパン2018の開幕を16日に控え、会場が報道陣に公開された=15日午後、千葉市美浜区の幕張メッセ(宮崎瑞穂撮影)
シーテック・ジャパン2018の開幕を16日に控え、会場が報道陣に公開された=15日午後、千葉市美浜区の幕張メッセ(宮崎瑞穂撮影)【拡大】

 16日に開幕するシーテックでは3メガ銀行グループによる金融とITを融合した「フィンテック」の最新技術がずらりと並ぶ。IT企業など異業種が金融に相次ぎ参入し、競争環境が厳しさを増す中、デジタル技術を活用した新規事業の創出や業務改革がメガ銀の浮沈を左右する見通しだ。

◇  ◇  ◇     

 家電とITの展示会「CEATEC(シーテック)ジャパン2018」が16日、千葉市美浜区の幕張メッセで開幕する。

 三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG)はキャッシュカードのデータをスマートフォンに登録し、スマホで手軽にATM(現金自動預払機)での現金引き出しや振り込み手続きができる「ミニ」という金融サービスの新たなコンセプトを初公開した。

 例えば、テンキーなどを省いた簡素なATMを設置。利用者が出金額を入力したスマホをかざせば即座に出金でき、行列がなくなることなどを想定する。多様な機能を備えたATMより手軽で利用しやすく、銀行側の負担も軽くなる。

続きを読む