融資5万件に内規違反 商工中金、資料交付せず

商工中金=東京都中央区八重洲(寺河内美奈撮影)
商工中金=東京都中央区八重洲(寺河内美奈撮影)【拡大】

 商工中金は17日、不正の温床となった国の制度融資「危機対応融資」の手続きに関し、5万2935件の内部規定上の違反があったと発表した。財務内容を診断した資料を融資先に交付していなかった。法令違反には当たらないという。

 制度が創設された平成25年3月以降の全融資8万194件を調査した結果、発覚した。融資先企業の決算を業界平均と比較し、経営改善につなげるための資料を、内規に反し交付していなかった。

 商工中金は内部的に交付済みと処理していた行為を問題視し「注意喚起や研修などを継続し、法令順守意識の徹底を図る」としている。