【業界団体だより】関西遊商 地域貢献目的の寄付に感謝状

「第26回福祉ふれあい広場」において感謝状の授与式が行われた
「第26回福祉ふれあい広場」において感謝状の授与式が行われた【拡大】

 全国遊技機商業協同組合連合会(全商協、会長・林和宏氏)所属の関西遊技機商業協同組合(関西遊商、理事長・草加和徳氏)は10月20日、大阪市浪速区社会福祉協議会が主管している善意銀行に寄付を行ったことに対して大阪市浪速区社会福祉協議会の松尾武司会長から感謝状を授与された。

 大阪市浪速区スポーツセンターで開催された「第26回福祉ふれあい広場」において感謝状の授与式が行われ、当日は同組合を代表して北岡潤史社会貢献委員長が松尾会長から感謝状を受け取った。

 関西遊商は10月26日、兵庫県三木市のジャパンメモリアルゴルフクラブで「第17回チャリティゴルフ大会」を開催。組合員をはじめ近畿圏の業界関係者ら112人が参加した。

 草加理事長は「社会貢献活動は継続することに意義がある。この取り組みが20年、30年先も続けられるよう頑張っていきたい」とあいさつ。参加者に理解と協力を呼び掛けた。昨年を上回る寄付が集まるなか、同チャリティー金は近畿2府4県の社会福祉協議会を通じて、福祉施設の自走式車椅子の購入資金に充てられる。