【ぐるなびのチョットぐな話】楽天とポイント大型キャンペーン

キャンペーンサイトの画面
キャンペーンサイトの画面【拡大】

 2018年を振り返ってみると、今年は何かと“平成最後の”という言葉が付いて回る1年だったように思う。飲食業界では忘年会の予約商戦がスタートしているが、こちらも当然「平成最後の忘年会」となるわけだ。そんな中、平成最後を飾る忘年会にふさわしい大型ポイントキャンペーンのニュースが舞い込んだ。その名も「楽天スーパーポイント 最大12000ポイントプレゼントキャンペーン」だ。今年7月に、ぐるなびと楽天は資本業務提携契約の締結を発表しており、同キャンペーンは発表後初の大型キャンペーンとなる。

 ぐるなびと楽天は、それぞれの会員ID連携を既に発表しており、楽天ユーザーはぐるなびを利用して飲食店をネット予約する際、楽天IDでのログインが可能で、楽天スーパーポイントがたまるという仕組みだ。各社のポイントの中でも特に人気の高い楽天スーパーポイントは、楽天市場をはじめ楽天トラベルなどの各種サービスで利用が可能。今回のキャンペーンでは、1回の飲食店予約および来店で、通常時と比べ最大3倍のポイントが付与されることとなる。キャンペーン対象店舗を4人以上、かつ、3000円以上のコースを利用するのが条件で、例えばぐるなびプレミアム会員が20人で予約&来店した場合、予約した本人に楽天スーパーポイントが1万2000ポイント付与される。

 近年、各社のポイント競争が激化する中、ぐるなびと楽天のタッグが与えるインパクトは大きく、実施されている今回のキャンペーンが忘年会商戦において「強力な追い風になるのではないか」と関係者は期待を寄せる。

 ぐるなびの企画開発本部レストラン企画第1グループのグループ長、小笠原和哉さんによると、今回のキャンペーンの目的は、ぐるなびに加盟している飲食店にとって重要な、忘年会シーズンの送客に貢献するだけではなく、「忘年会という日本固有の文化を守っていきたいという思いもある」という。また、今後の展開については「忘年会だけにとどまらず、多方面で飲食業界を盛り上げていきたい」と意気込む。

 今回のキャンペーンは10月22日からスタートしており、来年1月31日まで続く。忘年会だけではなく“平成最後の”新年会にも利用できるというわけだ。日頃から楽天スーパーポイントのお世話になっている人にとっては、ポイント大量ゲットのこの上ないチャンスとなる。今年の忘年会は、ぐるなびでネット予約して、たまった楽天スーパーポイントをネットショッピングに賢く活用してみてはいかがだろうか。

                  

 ■キャンペーン詳細

 r.gnavi.co.jp/plan/campaign