武田社長、シャイアー買収「支持されると確信している」

クリストフ・ウェバー社長
クリストフ・ウェバー社長【拡大】

 武田薬品工業のクリストフ・ウェバー社長は14日、米ニューヨークからフジサンケイビジネスアイなどのテレビ会議によるインタビューに応じ、12月5日の臨時株主総会でアイルランド製薬大手シャイアー買収の是非を問うことについて、「賛成票を得て支持されると確信している」と自信を示した。

 武田は、日本企業で過去最大となる総額約460億ポンド(約6兆8000億円)でシャイアーを買収する計画。臨時総会では買収に必要な新株発行について株主の賛同を得たい考えだ。近く欧州規制当局の承認を得る見通しで、臨時総会で株主の3分の2以上の賛同が得られれば正式な買収手続きが始まり、早ければ来年1月8日に完了する。ウェバー氏は「3分の2以上がターゲットでゴール。より高い支持が得られると思う」としたほか、欧州の承認取得についても「状況はもうクリアになっている」と話した。

 一方、買収をめぐっては、一部OB株主が買収額が高すぎるなどと反対している。これに対しウェバー氏は「その評価は間違っている。高すぎると思わず、多くの投資家もそう言っていない」と反論。「(株主の)みんなが賛成というところまで説得できるかは分からないが、なぜ買収が必要か繰り返し説明していく」と述べた。