プラズマ乳酸菌で労働生産性5%向上 キリン、ヤフーとの共同研究で確認

記者会見後に撮影に応じるキリンの磯崎功典社長(左)とヤフーの産業医の白岡亮平医師=15日、東京都中央区(平尾孝撮影)
記者会見後に撮影に応じるキリンの磯崎功典社長(左)とヤフーの産業医の白岡亮平医師=15日、東京都中央区(平尾孝撮影)【拡大】

 キリンは15日、同社が開発を進めている「プラズマ乳酸菌」の摂取が労働生産性を向上させることを、ヤフーとの共同研究で確認したと発表した。プラズマ乳酸菌が人体の免疫細胞全体を活性化させる機能によって、体調がよくなり、労働生産性を5%引き上げることができたとしている。

 今回の共同研究は昨年11月から今年2月までの間、東京都千代田区内にあるヤフーの本社で約220人を対象に実施。プラズマ乳酸菌を1千億個含むヨーグルト飲料を昼食時に1カ月継続して飲むグループと、飲まないグループの2つに分け、アンケートで体調、労働生産性などを評価した。

 この結果、ヨーグルト飲料を飲んだグループで、せきやのどの痛み、鼻水・鼻づまりがなどの項目が改善し、活気もあがっているとの結果が出た。体調に問題はなくても仕事の効率が上がっていない状態を示す「プレゼンティーズム」という指標については、プラズマ乳酸菌を摂取しているグループでの改善が明確になった。

 研究を担当したヤフーの産業医、白岡亮平医師は、「風邪の諸症状をはじめとした体調不良のリスクを低減し、活気を高く維持した状態で勤務できることに加え、労働パフォーマンスも向上している」と、評価した。

 キリンでは昨年11月からプラズマ乳酸菌を使った飲料の販売を開始し、本格的な事業化に乗り出した。15日に東京都内で会見したキリンの磯崎功典社長は「プラズマ乳酸菌関連事業は初年度55億円と、当初予定を大きく上回った」と語ると同時に、今後、海外展開も進めていく方針を説明した。