【経済インサイド】「司法判断」揺れる原発 電力会社の経営、政府方針に影響も (1/3ページ)

四国電力伊方原発3号機=10月27日午後、愛媛県伊方町(共同)
四国電力伊方原発3号機=10月27日午後、愛媛県伊方町(共同)【拡大】

  • 報道陣に公開された四国電力伊方原発3号機の中央制御室=10月27日午前、愛媛県伊方町(代表撮影)

 原発の再稼働や運転が司法判断に揺れている。昨年12月に広島高裁による運転差し止めの仮処分命令を受けて運転できない状況が続いていた四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町、出力89万キロワット)は、今年9月にこれを取り消す決定が出たことで、約1年ぶりに再稼働した。ただ、原発をめぐる同種の訴訟や仮処分申し立ては全国的にあり、今後の司法判断によっては電力会社の経営や政府方針にも影響を与えかねない。

 10月27日午前0時半-。四国電は伊方3号機の燃料の核分裂を抑えていた制御棒を引き抜き、原子炉を起動させた。再稼働は、定期検査に入るために運転を停止した昨年10月以来だ。

 四国電はもともと今年1月の再稼働を見込んでいたが、昨年12月に広島高裁が運転差し止めの仮処分命令を出したことで、運転停止の状態が続いていた。四国電は「伊方3号機の安全性は確保されている」と説明。同高裁が今年9月25日に四国電の主張を認める異議審決定を出し、再稼働が可能となった。

 運転差し止めによって原発の停止状態が長引けば、収支の悪化は避けられなくなる。仮処分命令を受けて伊方3号機が運転できない状況が続いていた四国電の場合も、火力発電所の燃料費負担の増加などで約330億円の収支悪化要因となった。原発を持つ他の電力会社にとっても対岸の火事ではない。

続きを読む